商品概要|ドメイン・トレジャー DomainTreasure

期限切れドメイン検索 / ライバルサイト調査機能

メイン画面

キーワードを入力して「検索」ボタンをクリックすると Google、または Yahoo!、あるいは両方で検索を開始し、検索結果を表示します。
自サイトの URL を入力していれば、赤字で表示されますのでひとめで自サイトの順位やその近辺のライバルサイトの情報を確認できます。

また、指定した URL のページ情報を調査することも出来ます。

取得対象で「404 Not Found」にチェックを入れると検索エンジンにインデックスされていて現在存在しない(期限切れドメインかもしれない)サイトを探すことができます。

CSVファイル形式で検索結果を保存することができます。

タスクトレイから実行

最小化するとタスクトレイに格納されますので邪魔になりません。また、タスクトレイに格納したまま実行することもできます。

ドメイン・トレジャーが取得する情報

順位 ・・・ 検索順位
ステータス ・・・ ページのWebレスポンスステータス(200:正常、404:Not Found 等)
URL ・・・ 検索結果ページの URL
ページランク ・・・ 検索結果ページの Google ページランク
ドメイン被リンク数 ・・・ 検索結果サイトのドメインに対する被リンク数( Google の場合は正確ではありません)
ドメイン登録日 ・・・ Whois 情報のドメイン登録日
アーカイブ登録日 ・・・ Web Archive に初めてキャッシュされた日付
Google 初キャッシュ日 ・・・ Google に初めてキャッシュされた日付
Title ・・・ ページヘッダに記載されている meta タグの Title
Keywords ・・・ ページヘッダに記載されている meta タグの Keywords
Description ・・・ ページヘッダに記載されている meta タグの Description
備考 ・・・ 検索キーワードと検索先

詳細情報の個別取得機能

全ての情報を取得すると処理に時間がかかりますので、取得データを指定することもできます。
取得情報

詳細情報画面

また後から個別に情報を取得することもできます。
まずはサイト情報を取得しないでサクッと検索し、気になるサイトや分析が必要な自サイト近辺の、あるいは自サイトより上位表示のサイトの情報だけ後から取得するということもできます。

検索結果表示されている目的の行をダブるクリックすることで詳細情報画面を開くことができますし、メニューバーの [ツール] → [個別調査] から詳細情報画面を開いて、調査したい URL を入力して、目的のサイト(ページ)だけ調べることもできます。

自動期限切れドメイン調査機能

自動中古ドメイン調査画面

メニューバーの [設定] → [起動時タスクトレイに格納] にチェックを入れておくと、ソフトを起動した時にタスクトレイに格納されます。
スタートメニューに登録しておけば、PCを起動するとソフトが起動してタスクトレイに格納されるので邪魔にならず、いつでもすぐに調査ができます。

さらに、自動中古ドメイン調査設定をしておくと、起動時にタスクトレイに格納されると同時に自動で調査を開始します。
PC を常時、あるいは長時間起動されている場合は、定時実行の設定をしておけば、定期的に調査をし、結果をログに残します。

自動検索結果

404 Not Found のページ(期限切れドメインかもしれないサイト)が見つかるとタスクトレイのアイコンが点滅してお知らせします。